ホーム < 両立支援企業宣言
子育て支援企業宣言

モデルクレジットは、次世代育成支援対策推進法に基づき、企業として
「仕事」と「家庭」とを両立しやすい職場づくりに取り組んでいます。

平成19年度には厚生労働省所管の財団法人21世紀職業財団
福岡事務所長より「職場風土改革促進事業実施事業主」としての
指定を受け、子育ての支援をするための環境整備を積極的に推進しています。
(「職場風土改革促進事業実施事業主」は全国で300社が指定を 受けています。)

モデルクレジットでは、この指定を受け、今まで以上に「仕事」と「家庭」の
両立ができるための社内環境を整備し、職場風土を改善していくよう努めてまいります。

モデルクレジット株式会社
代表取締役社長 二又 一郎

※今までに行ってきた「仕事」と「家庭」の両立のための環境整備
・育児・介護休業中の社員に対する情報提供の実施
・職業家庭両立推進者による管理職に対する伝達研修の実施
・両立支援に対する意識を高めるための社員研修の実施
・半日単位での年次有給休暇の取得を就業規則に明記
・介護休業日数及び介護短時間勤務を93日から120日に延長
・看護休暇を小学校始期から中学校始期まで延長
・育児短時間勤務の期間を小学校就学の始期に達するまでから小学校第4学年の始期に達するまでに延長
このページの先頭へ